ぬけぬけ病の新事実発見!

Posted on Posted in ブログ

先日の東京出張中に発見したぬけぬけ病のランナーの新事実。これに気が付くと一瞬で力が抜けました。

ぬけぬけ病の特徴は?

ぬけぬけ病の別名は、ランナーズジストニア。ジストニアでは、力が勝手に入ってしまうことが特徴。
ランナーズジストニアは、周期性ジストニアの一つで、繰り返しの動作によって症状が出てしまう。
その症状が出るときは、決まってどこかの筋肉が勝手に収縮してしまっていることがほとんど。
だから、最近私は力を抜くことをお伝えしています。
筋トレをしながら力を抜く。
これを同時進行でしていかなければいけないので、なかなか難しい。
そんなぬけぬけ病の方の「足を動かす」というイメージにある違和感を感じました。

足を動かすために必要なことは、力を入れることではありません。

いつものように、横向き(側臥位)で腸腰筋の使い方を評価していた時に、

「ただ力を入れているだけ」

の選手が多いことにふと気づきました。

もちろん力を入れなければいけないのですが、

力を入れる=動く

という図式は成り立たないのです。

どういうことかというと、ドアを開けるときに蝶番の軸に沿って力を入れなければ開くものも開きません。

手前に引くドアをいくら横にスライドさせようとして力を加えても開きませんよね。

ぬけぬけ病の選手は、これと同じことをしてしまっているのです。

関節の軸に沿って正しい方向に必要な力を入れる=動く

これが正解です。

どうすればいいのか?

関節の軸に沿って正しい方向に必要な力を入れる為には、どうしたらいいのでしょうか?

まず、関節が動いているという感覚を感じてください。

動く=筋肉に力を入れる

ではなく、

動く=関節が動く

まずは、この図式を成り立たせてください。

踏ん張れない気がするから、余計に力を入れる。

思ったように動かないから、余計に力を入れる。

そうではなくて、

踏ん張る感覚がどのようにして感じているのかを知ることが大切です。

どのように動いたら動く感覚が得られるのかを知ることが大切です。

予約特典

1人でも多くのランナー、コーチ、監督、トレーナー、治療家の方々に届くように皆さんのご協力をお願いしたいと思います。下記の内容でご協力いただいた方の中から、
先着50名の方に「別冊タイプ分けの方法とタイプ別トレーニング」をお送りさせていただきます。
さらに、抽選で3名の方には、
『ぬけぬけ病の治療を完治まで無料でサポート券』
が当たります!

ぬけぬけ病の理解者が1人でも増えるように皆さんの拡散のご協力よろしくお願いします!

【応募方法】
⑴Amazon Kindleで、「再走」を予約する
⑵Twitter、Instagram、Facebookのいずれかにて
#再走
#ぬけぬけ病
#あの時の走りをもう一度
のハッシュタグつけて(3つ一緒でも、別々にでもOK)投稿する
⑶期間中の投稿は何度でも!多ければ多いほど確率がアップ
テキスト
抽選では、
#再走(1名)
#あの時の走りをもう一度(1名)
#ぬけぬけ病(1名)

と各ハッシュタグごとに抽選が行われますので、別々に投稿することで、抽選確率が上がります!1人何口でも応募可能です!

※投稿内容例

ぬけぬけ病に関する本「再走〜あの時の走りをもう一度〜」を予約しました!
これまで治らないと言われてきた症状を見事克服し完治したランナーのことも書かれているので、楽しみです!
#ぬけぬけ病 #再走 #あの時の走りをもう一度