リバーストレーニングが、ぬけぬけ病を改善へと導いてくれる。

Posted on Posted in ブログ

リバーストレーニングとは・・・

筋力低下が起こってしまい、

マイナスになってしまった筋力を、

単独でプラスに戻すことを目的とされたトレーニング。

 

さらに、

リバーストレーニングαは・・・

リバーストレーニングによって、

プラスに戻った筋肉をさらに機能的に使えるように、

通常のトレーニングやパフォーマンスの動きとは反対の動きをゆっくり行うことで、

インナーマッスルを使いながらアウターマッスルの筋活動を促すことができる

令和に流行する予感のトレーニング。

今日は、そのリバトレとリバトレαについて解説していきます。

リバーストレーニングと普通のトレーニングの違いは?

筋力低下が極端にある場合、

通常のトレーニングをしてもその筋肉を使えないので全く鍛えられません。

むしろ、怪我します。

 

例えば、

臀筋が全然使えないからと、

スクワットをしているランナーがたくさんいますが、

ぬけぬけ病の場合、

かなりの筋力低下を起こしています。

その状態でスクワットの動作をしたところで、

前もも(大腿四頭筋)や内転筋を鍛えるだけで、

肝心な臀筋は鍛えられないんです。

これは、実際経験がある人も多いのではないでしょうか?

 

筋トレの難しいところがここなんです。

同じ動きを真似しても、

使う筋肉は人それぞれ違うんです。

 

筋力低下があると、

その筋肉は使えないので、

使いやすい筋肉を使ってしまい、

やればやるほど悪化してしまいます。

 

これまで多くの有名ランナーが、筋トレをしていたはずなのに、

改善しなかった理由もここにありそうです。

 

だから、

ぬけぬけ病の改善には、地味なリバトレが必要なんです。

リバトレってどうやってやるの?

リバトレをするために必要な感覚

リバトレをするために必要な感覚があります。

それは、

自分の身体がどうやって動いて、

どこにあるのかを知る感覚。

つまり、

運動覚位置覚です。

これまでのブログやツイッター、本などでも何度も出てきていますよね?

この感覚を知らなければ、効果が出にくいということまでわかってきました。

そして、

筋力低下を起こしている筋肉が、

収縮している感覚も大切なんです。

 

筋力低下がある場合、

その筋肉に力を入れても力が入っている感覚が得られにくいんです。

 

その感覚がわかるようになる為にもこの地味〜〜〜〜なリバトレが必要なんです。

臀筋のリバトレ

臀筋とハムのリバトレ

大腿四頭筋のリバトレ

たくさんのリバトレがあります。

これは、

ぬけぬけ病の皆さんの身体に合わせたトレーニングです。

1つだけお伝えしますね。

腸腰筋と臀筋の次に大事な大腿四頭筋のリバトレ

こんな感じで新たなトレーニング動画を作っています。

これまでの「アイウエオ」などのトレーニングももちろん大事なのですが、

よりあなたに合う精度の高いトレーニングがあります。

それを、一人一人にカスタマイズできるように今作成中です。

もしかしたら、その筋トレをきちんとできるようになるだけで、

ぬけぬけ病は酷くならないかもしれません。

それは、今後色々と皆さんのご協力を得ながら試行錯誤していきたいと思います。