治療を受けると何が変わるんですか?

Posted on Posted in ブログ

これを知ることは、とても大切なことです。

多くの方は、いろいろな整骨院や整体、鍼灸院・・・などなどに必死に通い続けていることでしょう。

その中でも大きく改善していかない。

これは、ほとんど皆さん感じていることかと思います。

からだドックは、他と何が違うのか。

それを今日はお伝えしたいと思います。

ぬけぬけ病は、筋肉の病気ではありません。

そもそも何故、からだドックでは改善する人が多いのかというと、

視点が違うからです。

ぬけぬけ病の専門書「再走」にも書きましたが、筋や骨、関節、脳を多くの人が隅々まで調べてくれました。

だから、それらの構造には問題はないんです。

問題は、構造ではなく「機能」です。

それも、筋や関節ではなく、脳の機能です。

 

整体や整骨院に行ってるという選手にいろいろとお話を聞くと、

脳の機能だけでなく、身体の機能の話もあまり聞いたことがないと言います。

 

基本的に皆さん受け身の治療をしているようです。

 

先日聞いた話では、

「自分(整骨院の先生)の考えでは、全身一回リセットしたほうが走りやすくなると思うから、全身ほぐしておきますね」

と言われたそうです。

 

その選手には、お尻の緊張は絶対に抜かないでねと私はお願いしていて、

その選手もその整骨院の先生に伝えたのにも関わらず・・・。

 

結果は・・・

 

ぼろぼろになってまた抜けの症状が出てしまうという。

 

そりゃそうなんです。

 

ぬけぬけ病で苦しんでいる方々に必要なのは、

 

その選手がどんな身体の状態をどのように感じていて、

どんな身体の状態になれば抜けの感覚がなくなるのか

 

を知ることなんです。

 

全身の緊張を落とすことは、筋の機能がどう変わることなのかきちんと教えてもらっていますか?

からだドックでは、それも全てお伝えしています。

筋の緊張を落とすことで得られるメリットやデメリット。

今の身体に必要なのは、筋の緊張を落とすことなのか、鍛えることなのか、動き方を学ぶことなのか。

それら全てを説明しながら、進めていくので時間がかかります。

 

筋肉についてはなんとなく知っている選手も多いですが、

脳のことについて知っている人はほとんどいません。

 

でも、ヒトは、脳があるから動けるし、走れるんです。

その根本となる脳の機能に問題がある場合、

筋肉に対して緊張を落としたとしても、ほとんど変わらないんです。

 

見た目だけ変えても意味がないんです。

 

化粧を変えて見た目は美しくなっても、内面が変わらないと意味がないのと同じです。

見た目はおいしそうでも、味がまずかったら意味がないのと同じです。

筋肉の状態は良くなっても、脳の状態がおかしいままだったら意味がないんです。

ぬけぬけ病は、感覚の問題です。

これも何度もお伝えしていますが、

ぬけぬけ病は、脳の問題、つまり感覚の問題なんです。

感覚というのは、とてもあいまいで、人によって全然違うように解釈されてしまいます。

例えば、

ショートケーキを食べたときの甘さと、

ショートケーキを食べる前に苦いコーヒーを飲んだ時の甘さの違いです。

どちらが甘く感じるかというと、

コーヒーを飲んでいた方です。

これは、経験がある方も多いと思います。

感覚は、絶対的なものではないという事です。

ショートケーキの甘味が100だったとして、

甘味ゼロから甘味100になるというわけではなく、

苦味50(甘味-50)から甘味100になると、150の甘味を感じるということです。

 

ここをきちんと理解して治療している、治療を受けている人はどれだけいるのでしょうか?

筋肉が硬いから柔らかくするというのでは、何も変わらないんです。

筋肉が硬いと感じる程度がどれくらいなのかは、その人の脳が判断します。

 

治療家が、筋肉を触って「肩凝ってますね~」というけど、

触られた本人は、「そうですか?」というのはよくある話。

 

これも、本人が、今の状態をどう感じているかが大切なんです。

 

その状態を固いと感じていなければ、ほぐして柔らかくなったとしても、変化に気づかない人もたくさんいます。

 

ぬけぬけ病の治療では、それが顕著に現れます。

 

張ってる筋をほぐすだけでは、何も変わらないんです。

世の中で言われている筋トレをするだけだと、筋力はつかないんです。

世の中の常識が通じないのが、このぬけぬけ病。

だから、多くの方が困っています。

選手はもちろん、治療家の方々も。

 

からだドックでは、

感覚の変化をメインに作っていきます。

 

それが、脳の機能を変える唯一の方法です。

 

感じ方を知る

 

感じ方を変える

 

それがあって初めて、

 

自分の身体は、自分が思っているように動けるようになります。

 

ぬけぬけ病のランナーは、

足をコントロールできない、

勝手に足が突っ張る、

勝手に足が回る、

力が入らない、

踏ん張れない、

たくさんの感覚を皆さん言われます。

 

でも、

その嫌な感覚を作り出している犯人は、もう特定できています。

からだドックで治療を受けると、何が変わるか・・・。

 

それは、

身体の感覚が変わります。

 

だから、

身体の使い方まで変わります。

 

この順番が大切です。

感覚が変わるから、身体の使い方が変わる。

感覚を変えずに、身体の使い方だけを変えようとしている方々は、

どんなことをしても、元に戻ってしまいます。

筋肉をほぐしても、筋力をつけても、

起点となっているのは、脳の中にある、

運動イメージです。

その運動イメージは、

感覚と記憶から作られます。

筋肉の調整だけでうまくいかない方は、

感覚を変えなければいけません。

それが、

からだドックだから出来ることです。

改善者がたくさんいるのも、感覚を変えているから。

あなたの頭の中にも、脳はあるはずです。

その脳に対して、感覚を使って改善を試みたことはありますか?

それが無ければ、

一度からだドックに来てください。

福岡に来れない方は、

東京や大阪、名古屋に毎月出張しています。

4月の出張は、

『東京』

4月13日(土)あと1名

14日(日)あと2名

『名古屋』

4月20日(土)あと1名

『大阪』

4月21日(日)あと1名

 

先着ですので、お申込みは下記LINE@からお早めに!

友だち追加