ぬけぬけ病は、完治することができるのか?

Posted on Posted in ブログ

ほとんどの選手が気になるこの話題。

治るのか、治らないのか。

改善するのか、しないのか。

今日は、そんなお話です。

感想は、全て許可を頂いています。

改善した選手の感想

前田健太選手(当時実業団所属)

【症状が完治し復帰戦で自己新記録を出して1位になり、全日本実業団対抗陸上競技選手権
大会男子Jr1500mで1位】

抜ける足:左足
治療後の状態:完治
完治後の成績:3000mで自己新記録、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会男子Jr1500m1位

「僕は、走り出すと左脚に抜ける感覚が出て力が入らない症状で、3年間悩んでいました。左脚をかばいながら走っていましたが、身体と心に限界を感じてきた時にからだドックの西山先生を紹介していただきました。初回で1番驚いたことが、触れているだけなのに僕の性格や自分の身体を嫌いと思っていることを言い当てたことです。たった1回の治療で左足の感覚を3年ぶりに感じました。僕の求めていた治療が、からだドックにあると確信しました。」(原文ママ)

藤井隆仁君(当時広島修道大学)

【両足が抜ける状態から見事インカレ3位】

抜ける足:両足
治療後の状態:改善
改善後の成績:駅伝大会区間賞、インカレ1500m3位

「症状が出たのは高校2年生の秋頃で、そこから長い距離を走る度に症状が出るようになりました。なんとか治したいけど、治療法が全くありませんでした。そんな中、大学2年の頃だったと思います。偶然ツイッターで西山先生のアカウントを見つけ、すぐに連絡させていただき、福岡まで治療をしに行きました。今までどの先生に診てもらっても、自分の考えとは違ったことばかり言われ、理解してもらえなかったのですが、西山先生に話を聞いていただくと全部理解していただき、初めて自分の症状を理解していただける先生に出会うことができ、本当に嬉しかったです。そこからは大事な大会前には西山先生に診ていただき、身体のメンテナンスはもちろん、精神的にも楽な気持ちになり大会に臨むことができました。その結果インカレ3位や駅伝の区間新記録、区間賞を取れたのだと思います。」(原文ママ)

改善する為に足りない5つのこと

例えば、

原因は分からないけど、スマホが固まって動かなくなったら再起動するでしょ?

それと一緒。

ぬけぬけ病も原因はわからないけど、感覚をリセットすることで様々な機能が復活する。

そうして改善していくことは分かってきています。

あと足りないことは、

1.周囲の人の理解
2.走る距離を制限する
3.出張治療にかかる金銭面
4.出張治療の日程
5.感覚をリセットすることができる人の育成

これらを解決していくことが必要。

5つの解決方法を考える

周囲の人の理解

ぬけぬけ病に関する専門書「再走~あの時の走りをもう一度~」を一人でも多くの方に届けることでクリアできる。

走る距離を制限する

走る距離を制限するということが、難しい。監督やコーチ、トレーナーなど周囲の人の理解がないと、
走らなければいけずに症状はひどくなっていくばかり。
これも、周囲の人の理解と同じで知ってもらうためには、

を読んでもらうしかない。

もちろん私のブログでもいいので、「知らない」から「知っている」という段階まで認知度をあげていく。

出張治療にかかる金銭面

出張の場合、出張費をその日治療に来たランナーの皆さんに負担してもらうという形で実施しています。
その為、人数が集まらなければ出張そのものがなくなってしまうこともあります。

出張が出来たとしても、金額が30,000円前後かかってしまう。これだと、学生さんがなかなか来れない。

これを解決するのも、

この本が多くの方に届けば、その売り上げの中から学生さんの・・・売り上げによっては皆さんの数年分の出張費を捻出できる。

出張治療の日程

出張できるのは、私西山が病院勤務をしているので、休みの日しか難しいのが現状。
これは、もっと全国から出張してほしいという声が集まれば、理事長に直談判することも可能。
許可してくれるかは別として・・・。

まだまだ私の休みを削るだけでなんとかなるけど、しっかりと早く改善させる為には、治療の頻度を上げなければいけない。

だから、

この本が売れに売れてランニング人口(882万人,2016年)の1%の8万人に届いたとすると、
それだけで出張の回数が増やせる。
もちろんこれも病院勤務を理事長に相談しなければいけないけど、0.1%の8000人に届いた時点で相談しに行こうと思う。

感覚をリセットすることができる人の育成

一番の問題はここ。
理学療法士と全国屈指のトレーナーと感覚の勉強をしているけど、なかなか難しい様子。

感覚をリセットするだけで、足の使い方が元に戻って腸腰筋が使えるようになるので、それだけでも出来る人が増えれば・・・。

これは、これからの課題。

まずは、

これを多くの方に届ける。

まずは、それから。

えっ?宣伝がひどすぎるって?

いいんです!!

それくらい【再走】には、重要な内容が詰まっているんですから!!

もう見飽きたというくらいまで植え付ける!

【ぬけぬけ病=再走】

というところまで、しつこくしつこく!

ほとんどが見ていないということをこれまでの経験で知ったから。

しつこく伝えていきます。